スポンサーリンク

【映画感想】映画『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』※ネタバレ無い※

eiga_konan2019 アニメ/ゲーム/漫画
スポンサーリンク

お、お久しぶりです・・・

何も最早言うことはないです。

※ちゃんと書きます

さあ!

1年に1度必ず見る映画の1つ!

バーロー!

見てきました!

スポンサーリンク

映画『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』

konan

あらすじ

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズにて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた―。一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。やがて、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は…!? そして、不吉な何かを予兆するかのようにシンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!

スタッフ

監督:永岡智佳
脚本:大倉崇裕
音楽:大野克夫
製作:小学館、読売テレビ、日本テレビ、ShoPro、東宝、トムス・エンタテインメント
配給:東宝

キャスト

江戸川コナン:高山みなみ
毛利蘭:山崎和佳奈
毛利小五郎:小山力也

怪盗キッド:山口勝平
京極真:檜山修之
レオン・ロー:山崎育三郎
レイチェル・チェオング:河北麻友子
リシ・ラマナサン:梶裕貴

感想

『評価3.5』

※最大5

※個人的な評価なのであしからず

んー。

今回はなんかいまいちだったかな?

前回、前々回はなんというか、映画!って感じがして凄く良かったんだけどね!

今回はなんか映画館で見るまでも無いんじゃないか?って感じだったかな。

もちろん内容は面白いことは面白かったよ!

ただ、もっとキッドの大活躍が個人的には見たかったかな!

そんな感じ。

全然関係ないんだけど、大阪の味園ビルにアニメバーがあるんですね。

この前友達と行ったんですが、カナダ人、フランス人、イングランド人、スウェーデン人がなぜか大集合したんです。

※全員他人です笑

その時にフランス人の美女が「今、世界で一番人気の映画、1位の映画はアベンジャーズなのに、日本だけは1位がコナン!クレイジーや!素晴らしい!」

って、言ってました笑

ちなみにその美女とテイルズについて語り明かしました笑

彼女はシンフォニアが大好きみたいです!

アニメは世界繋ぎますねほんと笑

記念撮影しましたー!

misono_anime

 

誰1人名前聞いてません笑

タイトルとURLをコピーしました